2010年1月11日 春駒 (甘草屋敷)

国指定無形民俗文化財「春駒」 春駒保存会主催

 

 小正月
一ノ瀬高橋最大のイベント「春駒」の季節が今年もやってきました。

春駒保存会と、山里を離れ塩山や甲府方面で暮らしている一ノ瀬・高橋ゆかりの皆様が集まり、昨年同様塩山駅に隣接する「甘草屋敷」でおこなわれました。

今年の春駒は盛りだくさんです。
春駒保存会で練習を重ねてきた子供たちによる「こども春駒」、甘草屋敷の館長さんにお孫さんが生まれたのでそのお祝い、そして一ノ瀬高橋ゆかりのご家庭に結婚された方がおりまして十数年ぶりの「水祝儀」がおこなわれました。

『いつか見てみたいと思っていたけど、まさか自分が水祝儀を受けることになるとは思っていなかったのすごく嬉しい。こんな特等席で口上見れるのかと思うと楽しみで...』

どんな方法で笑わせてもらえるか期待と不安で胸膨らむお嫁さんなのでした。

一ノ瀬で話は聞いていましたが、こんなに賑やかで楽しいお祭りだとは思いませんでした。

間違いなく「奇祭」のひとつと言えましょう!

私、考えもなく勝手なことを言ってしまいました。

「これ、一ノ瀬でこの時期に見てみたいです!」

すると、今も村で暮らすSさんがぽつりと。。。

「山里でやりたいけれど、凍結した道の往復は大変だし、御神酒(ごじんしゅ)を振舞うからクルマは危ない。なかなか難しいんだ...」

賑やかな昔の一ノ瀬高橋を懐かしむように話してくれました。

  甘草屋敷の天井には繭玉が飾りつけてあり、とても華やいだ雰囲気でした。
この繭玉は、小正月に飾り付けられたそうです。 
   春駒保存会の皆様お揃いの半纏。
 
 子供春駒と大人春駒が揃いました。
  子供春駒の馬です。
飾り付けが始まると、カメラマンがわさわさと集まり、パパラッチ状態!

かわいい顔立ちをしていたので女の子かと思っていましたが、男の子でした。 
   春駒が始まるまで、子供達と鬼ごっこをしていました。

そのうちの一人、やんちゃなハナタレ小僧が太鼓の演者でした。

春駒に人気が集中していたけど、お囃子のみんなもいい顔してました。
 
 太鼓の呼び出しに続いて、いよいよ駒踊りが始まりました。
まずは別当宅(にみたてた甘草屋敷)で演じます。

露払いが馬の鼻先でバトンのような棒を回し、時に馬からから離れて舞い踊ります。
その激しい動きに視線が集中!
露払い役の大樹君輝いてました!
  子供春駒が終わり、大人の駒踊りが始まりました。

切れのある舞と、熟練したバトン(?)捌きは流石です!

夜の宴では、甘草屋敷内で3回駒踊りが披露されまして、その都度露払い役は入れ替わっていました。 
   春駒の行列は、別当宅(甘草屋敷)を出て道祖神(駅裏に広場)まで練り歩きます。

古の山里では、お囃子と唄に誘われ、子供たちがついて歩いたのであろうか。
  ザシ(花灯篭、万灯)です。

昼間に見るとケバケバしいくらい派手ですが、夜祭が始まり火の元で見ると、なんとも趣のある雰囲気になります。 
  道祖神では、御神酒(ごじんしゅ)や蜜柑が振舞われ、焚き火の前で駒踊りが披露されました。 
  囃子連です
女性が多いです!いなせですねぇ!! 
  道祖神から、お囃子に誘われて練り歩き、子供が生まれたお宅(ここでは甘草屋敷)に向かいます。
家に到着すると、春駒のお囃子とは違う「弁慶」のお囃子にあわせて祝儀が届けられます。
掛け声とともに、祝儀袋を持った人を皆で担ぎ上げます。

一気に届けず、庭先で二度三度と波が寄せては返すように練り歩きます。 
  祝儀袋が無事お爺さんとお孫さんに届けられました。 

春駒の行列は、瞬く間に庭から出てゆき、次の道祖神へと向かいました。
   次は、お嫁さんを迎えた家に(ふたたび甘草屋敷)水祝儀を届けます。

春駒の行列を待つ新婚家庭のおなんし。
真ん中がお嫁さんです。

口上の間、お嫁さんはどんなことがあっても笑ってはいけません。
   春駒のお囃子に乗せ、水祝儀を届ける口上師が到着しました。
オカメとヒョットコのお面を被ったおとこし2人と、歌い手のおんなし(1人は口上も)が、座敷にあがると、いよいよ口上が始まります。
   ♪ひとつとせ〜
結婚を祝う唄が披露され、オカメとヒョットコがあわせて踊ります。
楽しげな唄と踊りですが、もちろんお嫁さんは無表情で座っております。
   オカメがお面を外すと、そこにはヘンテコな化粧をほどこしたおじさんの顔が!

口上の内容が少しずつきわどくなって来ます。
   ヒョットコはこんなお顔に!

ああもう!そこに瓢箪ぶら下げちゃ駄目だって!!
  歌い手のおかぁさんも参入します。

だからもうそんなところに棒はさんでこすっちゃ駄目だって!! 
  お嫁さん、たまらず笑い出しました。
 
これにて水祝儀は無事に終了しました。
春駒