笠取山・水干(一休坂/ヤブ沢峠)・作場平登山口への近道・・・・・@〜D
笠取山・水干(黒えんじゅ尾根)・中島川橋登山口への近道・・・a 〜 b

  
笠取山・水干(一休坂/ヤブ沢峠)・作場平登山口への近道・・・・・@〜D 
@

@三ノ瀬地区生活道路から登山道へ
 
民宿しゃくなげ前のT字路から一ノ瀬高原キャンプ場に進む。
キャンプ場の入り口付近から登山道に入る。
写真中央の木の根元に小さな標識が立っている。標識に従い、写真左方向に進む。

登山道はキャンプ場の北側沿い(進行方向右手)にあるので見落とさないよう注意して進むとキャンプ場を分かつ川(中川)を渡るための丸木橋がある。

A−1

A−2

 A一之瀬キャンプ場から昔道に入る

丸木橋を渡り、小坂を登りきって奥のキャンプ場に入る。右手のスズタケに沿って歩き、スズタケが途切れたあたりから斜面を登る。

斜面には、幹に赤いビニールテープが巻かれている木が2,3箇所ある。その赤いビニールテープを目印に斜面を登り切ると、少し開けた場所に出る。踏み跡に注意して進むと、古い道標が立っている。道標に従い、「笠取山方面」に進む。
B

 B昔道は標識と目印の赤いビニールテープを頼りに進む

"A"から赤いビニールテープを目印に小尾根を登ると古い道標が立っている。
道標に従い、「笠取山方面」に進む。標識は右に向かっているが、実際は標識の右奥(尾根の反対側)に下る方向に踏み跡がある。

B〜Cは、少しわかりにくい。この間の踏み跡は"けもの道"のように薄く、倒木や落ち葉でところどころロストする。

目印の赤いビニールテープはけもの道の左右の木に巻いてある。必ず見える範囲に次の赤いビニールテープが巻いてあるので、次の目印を見つけてから歩を進めると迷わない。

C−1
 
C−2
 C林道一之瀬線との合流点

"B"からしばらく進むと、車の音が聞こえてくる。車道に向かって登れるところから登れば良いのだが、急な斜面を登った先には車道のコンクリート壁があり、簡単ではない。少し我慢してあるくと、なだらかな小尾根があるので、その尾根を利用する。踏み跡もあるが、さほど急ではないので、尾根から外れないように登ればどこを通っても良い。

登り切ると車道に出る。ガードレールに赤いリボン(C−1)があり、リボンの近くの木に古い標識の跡(C−2)がある。

作場平から三ノ瀬に向かうときは、この標識跡(C−2)を目印にする。赤いリボンはガードレールのところどころにあるので、リボンだけを頼りにすると違う尾根に降りてしまう可能性がある。

このあたりは携帯がつながらないので、迷ったら引き返してください。
D
 


 D作場平

CからDの間は林道一之瀬線(車道)を歩く。

Cの合流点から10分〜15分で作場平(さくばたいら)に到着する。

作場平には30台ほど止められる駐車スペースが2箇所あり、ツアーの大型バスも止められる。

トイレはあるが、水場は無い。
笠取山・水干(黒えんじゅ尾根)・中島川橋登山口への近道・・・a 〜 b 

 

三ノ瀬地区の谷を迂回するアスファルトの林道一之瀬線をダラダラ歩くよりはるかに快適で、距離も短く時間も早い。

 a.三ノ瀬地区生活道路と登山道との分岐

民宿しゃくなげの前から、一ノ瀬キャンプ場方面の三ノ瀬地区生活道路を進む。

キャンプ場前の急なカーブを曲がると、よく吠える甲斐犬が3匹ほどいる。時々放し飼いになっているが、触ろうとしなければ咬まれることはない。散々吠えられるが無視して進む。

キャンプ場前から100メートルもしないあたりに、登山道への分岐がある。

写真の赤い線に従って進む。民家の敷地を横切るので、家主さんがいたら一言挨拶しよう。
 
 b

 b.登山道と林道一之瀬線との合流点

"a"の分岐を見つけてしまえば、あとは迷うことはない。民家を過ぎると、登山道は幅が広がり、わかりやすい一本道になる。


戻る